IT

外付けhddを購入するならば用途で選ぶ│情報漏えいを防ぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単な情報の保護方法

スーツの男性

クラウドを利用すれば、会社の情報を管理することが容易になるので情報を簡単に整理することができます。また、しっかりとした方法でバックアップを行なうことができるので万が一の事態が起こってもデータを失うことはないでしょう。

Read More

データを綺麗にまとめる

HDD

会社の企画説明などで多く利用される映像資料は、専門の業者に依頼をしてDVDダビングを行なってもらいましょう。プロが作業を行なうので短い期間で完成しますし、大量の数を一気に作成することができるので便利です。

Read More

情報を守る対策

外付けHDD

いろんな人がいろんな用途で使っている外付けhddですが、実はこの機械は修理がほぼ不可能なのが前提に作られている機械の一つなのです。多くの機械の場合は、修理をして部品を変えれば使うことができますが、外付けhddの場合は、データを保管する物なので構造上修理をして使いまわすことは難しいものといえるのです。hddは高い物ですが購入するときは、消耗品を購入する気持ちで買ったほうがいいでしょう。なぜ、外付けhddの修理が不可能なのかというと、上記でも触れたように構造上の問題になってくるのです。簡単なトラブルなら修理を行なうことができる場合もありますが、部品が外れていたり傷が入っていたりするとhddディスクの中はミクロ単位で設計されているため、難しくなってきます。hddは、中に細かいゴミなどが混入しただけでも故障してしまう場合もあるので、人の出入りが多いオフィスなどで使う場合は常に綺麗しておく必要があるでしょう。外付けhddにもいろんな種類があるので、会社の利用方法で大きさや容量を変えてみるといいでしょう。膨大な量のデータを保存するならば、大きめの容量の物を購入するほうが得策です。データを入れすぎると外付けhddの動作や起動が遅くなるので余裕が生まれるサイズの物を選んだ方がいいのです。その他にも、大切な社内の情報を守るならば、外付けhdd自体にロックをかけることができるタイプの物を使うのも良い方法です。そうすることで、外部への情報漏えいを阻止することができます。

スムーズに送信する方法

ファイル

重たいデータが入っているファイル転送を行なう場合は、無料でデータを送信してくれるサービス業者を利用してみるといいでしょう。そうすることで、簡単に作業を行なうことができます。

Read More